2016/02/24 ご相談のタイミングについて

先日、お客様からこのようなお話を伺いました。

「弁護士には、自分で『○○したい』と方針を決断した後で相談するものだと思っていました。」

意外なお話に、大変びっくりしました。

離婚相談でも、会社の整理に関するご相談でも、何か決断する際には、
「その決断をしたら(しなかったら)、この先どうなるか。」
という知識を持っていなければ、決断することはできませんし、
「こんなはずじゃなかった。」
と後悔することもあるかもしれません。

・今の状況で、自分にはどのような選択肢があるのか。
・その選択をすることによって、どのようなメリット・デメリットがあるのか。

何か方針をお決めになる際には、その前にぜひ弁護士にご相談ください。